松尾一彦のアプロケイリクティス・スケーリィ

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は極力安静を保って過ごさなければなりません。

日常生活でも歯に負担がかからないようにして、明らかに負荷がかかるレベルの運動は当分控えてください。

血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。

運動を毎日のように行っている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と話し合うと安心できます。

インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず維持費がかかることを知っておきましょう。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うことを指示されます。

定期検診を受ける費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるため約三千円とみれば良いでしょう。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の費用を支払うことになります。

どうにも入れ歯がしっくりこない、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラントは最適です。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらにセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院する必要はまずありません。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、安全を期すため、入院を求められることもあります。

また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

これらのどこかに当てはまる方は長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

気になるインプラント手術の内容とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。

この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの卓越した技術を欠かすことは出来ません。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたって術中の痛みが怖いと思います。

インプラント埋入手術では、術中、大して痛くないのが普通です。

麻酔が効いたことを確認した上で埋入手術を始めるためです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

インプラント治療はどのような流れかというと、3つのハードルを越えなければなりません。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、おおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、人と状況によりけりなのです。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、腫れや痛みが収まらない場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

インプラント治療の大きな問題は、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

ほとんどのケースは保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても一概に費用を決められませんし、どの歯科医院を選ぶかによっても思いの外費用は違ってきます。

治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならない点も知っておく必要があります。

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗をゼロにすることはできません。

では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に関わる問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという審美的な問題が起こることもあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はよく考えて決めてください。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることを忘れないでください。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもインプラント治療のリスクが増大します。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけでインプラント治療ができないわけではないためまずは歯科医に全て話しておきましょう。

長年放っておいた虫歯があり、抜くしかなくなってしまいました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて自分の気持ちが固まりました。

自費診療なので、かなりの額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

手術が終わってから、だんだんと隣の歯と同じように使えたのでインプラントにして良かったと思いました。

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が損なわれていなければ自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンという義歯をはめられます。

これに対し、抜歯した後は、入れ歯以外ですと、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です