仁美と白倉

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院や歯科医によって差があると考えるべきです。

保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に決められるのが建前です。

それでも、相場はあると言えます。

歯一本分のインプラントで、40万円前後がおおよその相場と考えてください。

インプラントは人工歯なので虫歯の危険性は全くありませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスは手を抜くことができません。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を疑ってください。

自然に治ることはありませんので、即刻診断を受ける必要があります。

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスをしなくて良いとは誰も言っていません。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病を引き起こすこともあるのです。

残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

難しいケースでは数十万円かかることも珍しくありません。

そして、治療にミスや失敗があると障害が残るような健康被害も起こりうるリスクも背負っています。

本当に深刻な例では、死亡事故も実際に報告されています。

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。

これは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

旧来の入れ歯と比べた場合、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。

この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの高レベルの医療技術が物を言うといわれています。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる義歯と人工歯根のことです。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため自分の歯と同じような強度があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。

なお、インプラント治療は全て自費となり、その治療にはどうしてもお金がかかります。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント。

しかし、この治療法も決して万能ではなく、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかる場合があることに留意してください。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから前よりも口臭が気になるといった変化がままあるようです。

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしていることも考えられるので、放置はできません。

こうした症状に気付いたら、放っておかずに診察を受けてください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です