那須で矢萩

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それも皆無とはいきません。

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、食べ物を噛む際に義歯がグラつくというケースも稀に報告されています。

これは担当歯科医の技量の低さの影響が多分にあります。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

保険がきかない理由ははっきりしています。

インプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、時間も手間もかかるからです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

治療の一部を保険適用にするだけでも、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。

様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんにお薦めします。

クラウンやブリッジの支えになる歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選択するというのが、多くの患者さんの実態です。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

インプラントの利用を考える際に、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、患者さん自身のコンディションにもよるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。

歯科で鎮痛剤の処方を受け、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みの治まる気配がないときは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の腕次第でかなり治療実績には差があると考えられます。

この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だということを理解してください。

とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラント治療の結果を左右するのです。

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、口の臭いが気になるようになったケースが歯科医院ではよくきかれます。

インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。

この原因としては、歯茎の合間に食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているという可能性もあるのです。

より深刻な事態を食い止めるためにも、放っておかずに診察を受けてください。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントが定着しなければ普通は再手術しか手段はなく、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で強い痛みを感じることはないと思ってください。

麻酔の効き方を確認しながら埋入手術を始めるためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によってだんだん痛くなってくることもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、激しい痛みが長く続くことはあまりありません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です