大熊だけどソマリ

これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯に影響を及ぼしたくないという場合があります。

ブリッジ治療を例に取ると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これが、インプラントの埋入なら該当する歯の分だけ治療することになります。

両隣の歯は健常なので、削りたくないと考えている患者さんには、インプラント治療を優先して良いでしょう。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口の臭いが気になるようになったケースがままあるようです。

インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。

この原因としては、インプラントと隣の歯の間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している可能性も考えられます。

そのようなケースでは、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性はかなり大きいというべきでしょう。

一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療成功の絶対条件となります。

周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が確実にマイナスの作用があります。

この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではしっかり禁煙するべきでしょう。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

この点は、歯科医の技量や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。

鎮痛剤を飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みの治まる気配がないときは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。

がんばって終わらせたインプラント治療も、治療後も快適な状態を維持するためにアフターケアが寿命を決定します。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールは欠かせませんし、定期的な検診を欠かさず継続することを続けなければなりません。

どんな堅牢なインプラントでも、ケアが十分でないと歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

これは、人工物を埋め込んで他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間が経つにつれておさまってくるケースが多いです。

別の原因が隠れていることもあり得るため、特に手術後は、異変を感じたら速やかに歯科医の診断を受けることに努めましょう。

自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。

また歯科医の評判によっても費用の差になってきますので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。

ここね
チェック事項はいくつもありますが、まずその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

高い費用も、一括払いには限りません。

分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。

インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体の損傷、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題もあります。

リスクをできるだけ減らすためには歯科医はよく考えて決めてください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です