カージナルテトラでダイゼン

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

麻酔のために入院することはまずありません。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

このような難しい治療を行う場合、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく検査の段階で断られることもあります。

でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療ができるようになっています。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で十分調べてください。

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。

とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前に既往症を完全に治しておくのがとても大事です。

美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療が事故につながる可能性があります。

もちろん、こうした既往症があるだけで治療できないといわれる可能性は低いためきちんと歯科医に相談することが大事です。

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというケースが増えています。

そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期にわたって維持できますが、ケアが十分でなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと思ってください。

インプラントの特徴として当然、虫歯にはなりませんが、歯周病には気をつけてください。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診は手を抜くことができません。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を疑ってください。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察してもらわなければなりません。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはまずありません。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も義歯に見えない自然さでこの歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯だと気づかれることもほとんどありません。

義歯だと思われたくない方には優先したい治療方法ですね。

最近話題になることも多いのがインプラントです。

しかし、気に留めておくべきポイントがあります。

それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。

いくつか例を挙げると、ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかることがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨になじんで比較的安定しやすいため、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て治療を始めるのが普通ですから納得した上で治療を始められます。

そして、治療終了後のメンテナンスを欠かさず継続することで長い間、問題なく使うことが可能になります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です