平原の志田

インプラント治療による危険性を広く調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという問題はありませんでしたか。

でも、気にしなくて良いです。

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

インプラントには主にチタンが使われており、金属ですが、磁気には反応しません。

検査で問題になることはまずありません。

今流行りのインプラント。
ここね

一度埋め込めばその効果は基本的に一生と説明されることが多いようですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや担当医の技量によっても変わるようです。

口内のセルフケアを怠れば、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、その分、人工歯の寿命も左右されてしまうのです。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前はしなかった口臭がするようになったということも一部で見られます。

これはなぜでしょうか。

一つには、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているという可能性もあるのです。

こうした症状に気付いたら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならインプラントを入れるという一連の治療は他の人工歯を使った治療に比べて時間も手間もかかるからです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、トータルの治療費用は高額になってきます。

もしこの治療が保険適用だったら、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点はもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから当然、その度に費用を支払います。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うことを指示されます。

定期検診を受ける費用は基本的に保険が適用されるので三千円くらいかかります。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を見込んでおいてください。

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間の経過ともに落ち着くのがほとんどなので、気にしないでください。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、インプラントがなじむまでの間は特に、速やかに歯科医の診断を受けることを忘れないでください。

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。

この治療の費用は地域や、歯科医によって大きく異なります。

何しろ、ほとんどが自由診療なので、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

それでも、相場はあると言えます。

インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが相場です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です