みかこしが地縛霊

インプラント治療はどのような流れかというと、3つの段階に分けられます。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

というプロセスをたどります。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、おおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、その部品の接続構造により、以下に示す何通りかに分かれています。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

インプラント治療を希望する代表例として、他の歯に影響を及ぼしたくないという患者の希望がある場合です。

ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯を直接再生する治療と言えます。

両隣の歯は健常なので、削りたくないと要望があるケースでは他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。

使用年数は生涯持つと言われることが多いのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。

口内のセルフケアを怠れば、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、義歯の耐用年数自体も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。

どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。

治療の選択肢がそれしかない患者さんにお薦めします。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

義歯では上手に噛めないなどで必然的にインプラント治療になる患者さんが多くを占めます。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が残せれば冠状の義歯としてクラウンをかぶせることが可能です。

その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。

喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は無視できないものがあります。

インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが次のステップに進むための条件です。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが確実にマイナスの作用があります。

インプラント治療のために何でもできると思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間はがんばって禁煙に励みましょう。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療終了後、義歯だと気づく人はめったにありません。

一見したところ、自分の歯と同じくらい義歯に見えない自然さで自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればこれは義歯だと思われることもまずないと思って良いでしょう。

義歯だと思われたくない方にはおすすめしたい治療法です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です