生方だけどおなな

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

金属の中では、骨との親和性が高い方で材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて初めて治療開始となるので安心して治療を受けることができます。

それから、治療後には、メンテナンスを定期的に行っていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ普通は再手術しか手段はなく、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのはどのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

それだけでなく、必要な費用についてきちんと話してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているいつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも歯科医を決めるためには重要なことです。

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、前はしなかった口臭がするようになったということもままあるようです。

そうなる理由として、インプラントと隣の歯の間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。

自分もそうかも、と思った方は、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を用いているのです。

インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費を覚悟しましょう。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安や誤解がないでしょう。

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨の幅が足りない」ということならば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。

歯科医の腕と設備次第で、それまでインプラントは適用されなかったケースも治療は決して不可能ではありません。

あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして十分調べてください。

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本物の歯に匹敵する耐久性があるというケースが増えています。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長い間自分の歯と同じように使えますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければインプラントの維持が難しくなってしまうという押さえが必要です。

よくいわれるインプラントのメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はめったにありません。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な印象を与えるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、義歯を入れたと気づかれることはまずないと思って良いでしょう。

自然な見た目を重視している場合、優先したい治療方法ですね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です